女性のダイエット成功・応援隊TOP > 体脂肪を落とす方法って? > 生理前は太るって本当?

生理前に太る理由とは?

生理前は太るといわれますが、実際のところはどうなのでしょうか?

周知の通り、女性には生理があり、月経周期を持っています。約28日周期で、生理や排卵を繰り返しています。年代が高くなって、この生理が止まれば、閉経ということになります。

生理前は太るといわれるのは、黄体ホルモンのプロゲステロンが優勢になるからです。このホルモンは、妊娠にそなえて体に水分をため込みます。ですから生理前や生理中は、2キロくらいの増量は当たり前です。でも、この2キロは単に、水分による”むくみ”ですので、生理後のやせ期には解消されます。

問題は、生理前や生理中には、食欲が旺盛になり、運動量も減り、しかも体が脂肪を蓄積しやすいモードに入ることです。これでは、どう考えても摂取カロリーのほうが消費カロリーよりも上回ってしまいますよね?あたかも飢餓状態になって、体に脂肪をため込もうとしているかのように。

生理前は太るのは事実です。それは、以上のように食べたいという衝動が起きるからです。無性に甘いものが欲しくなります。これは妊娠や出産というイベントに備えて、体にエネルギー(体脂肪)を蓄えておこうという本能です。別に、これは自然なことです。

そのほか女性のダイエットでは、冬になると冬眠の原理から、食欲がわくこともあります。ということは冬になると、生理前にますます食欲がわいてくる可能性があります。でも、それを知識として知っておけば、「ああ、いまは冬だから、食欲が旺盛なのか・・・」ということで、上手に食欲を抑制できます。

生理前に太るのは、運動量も減るからです。プロゲステロンが優位になり、エストロゲンが劣勢になると、体を動かすのもおっくうになります。そのため、どうしても1日の運動量が減ってしまいがちになるわけですね。

こういった生理前の時期に、無理して長時間のエクササイズをすることは禁物です。なぜなら、抗ストレスホルモンといわれるエストロゲンの分泌量が低下しているからです。これは、その名からもわかるように、ストレスに対抗するためのホルモン。女性は生理後にエストロゲンの分泌が増えますから、生理後はストレスに強くなり、やせ期が訪れます。

でも生理前や生理中は、エストロゲンが少ないので、長時間の有酸素運動(ウォーキングやジョギングなど)をすると、それがストレスになってしまいます。慢性的なストレスは、コルチゾールの分泌を誘発し、筋肉を分解してしまいます。すると基礎代謝が低下するので、生理が終わった後には、太りやすい体質になってしまいます。これではダイエットを成功させることは難しくなりますよね?

生理前は太る・・・これは事実です。ですから生理前や生理中は激しいダイエットは避けることが賢明です。生理前はとくにダイエットを緩やかにして、生理後のやせ期に、思う存分、有酸素運動をしたほうが、効率よく皮下脂肪を落とすことができます。