女性のダイエット成功・応援隊TOP > 体脂肪を落とす方法って? > 下半身太りの原因って何?

下半身太りの原因について

下半身太りの原因は何でしょうか?食べ過ぎでしょうか?それとも運動不足でしょうか?もちろんそうです。摂取エネルギーが、消費エネルギーよりも上回るから、体脂肪(中性脂肪)として蓄積されていくわけですね。

でも男性を見ると、女性よりも、下半身太りの人の割合が少ないという現状があります。ということは、下半身が肥満になるのは、女性特有の体質のようです。

下半身太りの原因は、このように女性の特徴ともいえるものです。では男性と女性では、何が違うのかというと、性ホルモンが違いますし、異なる器官もあります。女性はエストロゲンやプロゲステロンという女性ホルモンが分泌され、男性にはない子宮や卵巣といった器官があります。

下半身太りの原因は、女性に備わった「妊娠の機能」に関わっていると思われます。女性は妊娠したときに備えて、できるだけ内臓脂肪をため込まないようになっています。また骨盤が男性よりも広めになっています。このことが、下半身太りの原因になっているように思います。

まず内臓脂肪にあまり蓄積されないわけですから、どうしてもウエストやヒップ、太ももといった箇所に、皮下脂肪がつきがちになります。つまりお腹周りや太もも、おしりは「内臓脂肪の代わり」なわけですね。

内臓脂肪の役割として、摂り過ぎた余分な栄養素を、腸間膜に一時的に保管するということがあります。そうしておいて、空腹時などに少しずつ分解して使用するわけです。女性の場合は内臓脂肪にたまりづらいので、その代わりに小腸の近くの皮下脂肪に蓄積する必要が出てきます。これが下半身太りの原因ではないでしょうか?

そのほか、女性は男性よりも骨盤が広くなっています。これは胎児を入れるスペースの関係上です。そうなると大腿骨の接合部も外側に異動するので、O脚になりがちになります。するとO脚になったことで、大腿骨が骨盤を外側にひっぱってしまい、骨盤が開いてしまう原因になります。

骨盤が開いたり、ずれたりすると、内臓下垂という現象が起こります。骨盤は内臓諸器官の受け皿の役割を果たしているので、これが開いてしまうと、その上に乗っていた内臓が落ちてくるのです。そうなると内臓諸器官の機能が低下するだけではありません。もっとも被害を受けるのは、下に位置している子宮や卵巣です。

上から、のしかかられる形になるわけです。その結果、女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が減少すれば、女性のダイエットに支障が生じてきます。なぜならエストロゲンには、脂肪の分解や燃焼を促したり、ストレスに強くなる働きがあるからです。

そのほか下半身太りの原因は、骨盤の開きやズレによって、骨盤周辺の筋肉が硬直し、そのあたりの血行が悪くなります。そうなると悪影響を受けるのは下半身です。お腹周りやヒップ、太ももなどの血流が悪くなるということは、その周辺の脂肪燃焼効率が悪くなるということ。

とくに下半身の脂肪が燃えにくくなるのですから、どうしても下半身太りの原因となるのです。以上のような仕組みが女性にはありますが、もちろん運動を心がけている女性の場合は、スリムな体型を維持することができます。

問題は、間違ったダイエット法をしている女性です。ダイエットレシピや料理など、「食べるだけ」で痩せようとしているケースですね。これでは筋肉が衰えていくいっぽうなので、基礎代謝が低下していきます。

そのほか低炭水化物ダイエットとか、朝食抜きダイエットなど、極端な食事制限をしている女性も、筋肉量が減少して、飢餓状態のために脂肪をため込みやすくなります。この二つのケースでは、下半身の部分に、とくに体脂肪が蓄積しやすくなるのです。