女性のダイエット成功・応援隊TOP > 体脂肪を落とす方法って? > ダイエットの基本って何ですか?

ダイエットの基本こそが痩せる秘訣

ダイエットの基本って何でしょうか?一言でいえば、それを守らなければ、ダイエットで痩せることが出来ない基本法則です。つまり具体的なダイエット方法以前の、大まかな鉄則といえます。

ダイエットの基本は、ずばり無理をしない、ストレスをかけない、しっかりと食べる・・・この三つに尽きます。ところが世の中の多くの女性のダイエットを見ていると、この三つすべて、あるいはどれかが、かならず実行できていないのではないでしょうか?その結果、ダイエットに失敗・挫折して、リバウンドという結果を招くわけですね。

まずダイエットの基本の一つ目は、無理をしないこと。これはストレスを掛けないことと、ほぼ同義です。多くの女性は、短期間でダイエットしたいがために、無理をします。1食抜こう!とか、1食を低カロリーの寒天で置きかえよう!とかですね。

そのほか1ヵ月後に痩せるために、これから毎日ウォーキングを1時間半しよう!などといったストレスを掛ける運動法をしたりします。こういった無理な食事制限や運動は、けっして長続きするものではありません。

ダイエットに限らずストレスを掛けることは、コルチゾールという副腎皮質ホルモンの分泌を活発にします。これは腎臓の上から分泌されるわけですが、脳にまで届いて、脳に悪影響を与えるようになります。つまり慢性的にストレスをかけていると、どんどんコルチゾールが脳に送られて、ダイエットに自暴自棄になったり、食欲中枢がコントロールを失って無性に食べたくなるわけです。

脳の視床下部は、自律神経やホルモンを統制していますが、やがてここにも影響が及びます。すると自律神経が乱れたり、女性ホルモンの分泌不良になって、生理不順を招くことにもなります。

このようにダイエットの基本は、まずは無理をせず、けっしてストレスをかけないような方法を採用することです。ただし、このストレスというのは慢性的なストレスのことであって、短期的なストレスはむしろダイエットを大きく前進させます。

たとえば筋トレだって、ストレスの一種ですが、基礎代謝をアップさせ、女性のダイエットを有利にします。要は慢性的にストレスをかけなければよいのです。食べたいのに、じっと耐え忍んだり、本当は運動したくないのにウォーキングを長時間やったり・・・。こういったストレスはじわじわ来ますから、コルチゾールの分泌につながり、脳に悪影響を与えるのです。

ダイエットの基本として、しっかり食べるということも必要です。なぜなら人間の体は常に一定ではなく、絶えず入れ替わっているからです。心臓だって22日で全て入れ替わります。胃は5日、皮膚のターンオーバーは28日です。栄養不足で食事が入ってこないと、これらの臓器や組織が作られませんよね?その結果、内臓が弱って基礎代謝が低下したり、肌荒れやくすみの原因になるのです。

お肌に影響が及ぶのですから、女性のダイエットの大敵です。コラーゲンやヒアルロン酸は、エイジングケアの化粧品コスメによって外部から補給することも大切です。また美容サプリメントも大切です。でも、やっぱり食事からしっかりと補給すべきでしょう。成分単体では、どうしても吸収率が落ちがちだからです。

美容成分を吸収するには、酵素が必要なので、やはり食事をしっかり摂ったほうが効率的です。

このようにダイエットの基本は、ストレスを掛けないことと、しっかりと栄養バランスの取れた食事を摂ることです。その上で、適度に運動を取り入れ、睡眠も十分に取ることが肝心ではないでしょうか。